サイトメニュー

職場とうつ病

カウンセリングを受ける男性

うつ病障害年金は、仕事をしていても受給することができるのかについてお答えします。また、同僚や部下がうつ病になってしまった場合の接し方についても説明するので、ぜひ目を通してください。

詳しく見る

友達とうつ病

カウンセリングを受ける男性

友達がうつ病になってしまった場合、友人としてどのように接すればいいのかわからないと悩む人は多いようです。うつ病の基本情報やうつ病障害年金などについて書かれた書籍を読み、知識や理解を深めていきましょう。

詳しく見る

子どもとうつ病

病院外観

うつ病になるのは、大人だけではありません。子どもがうつ病になってしまったときについての対応の注意点を紹介します。また、うつ病障害年金の基本情報についても紹介します。

詳しく見る

うつ病について

看護師

うつ病とは

うつ病とは、どのような症状なのか確認しておきましょう。人は生活のなかのさまざまな出来事が原因で気持ちが落ち込んだり、憂うつな気分になったりすることがあります。しかし、数日もすると落ち込みや憂うつな気分から回復して、また元気にがんばろうと思える力をもっています。ところが時に、原因が解決しても1日中気持ちが落ち込んだままで、いつまでたっても気分が回復せず、強い憂うつ感が長く続く場合があります。このため、普段どおりの生活を送るのが難しくなったり、思い当たる原因がないのにそのような状態になったりするのが、うつ病です。なぜうつ病になるのか、原因を調べてみてもまだ分からないことが多い病気です。脳の神経の情報を伝達する物質の量が減るなど脳の機能に異常が生じていると同時に、その人が元々持っているうつ病になりやすい性質と、ストレスや体の病気、環境の変化など、生活の中のさまざまな要因が重なって発病すると考えられています。うつ病が起こりやすい性格を挙げてみると「生真面目」「几帳面」「仕事熱心」「責任感が強い」「気が弱い」「人情深く、いつも他人に気を配る」「相手の気持ちに敏感」などが分かっています。またうつ病を発症してしまうと出てくる症状には「精神症状」と「身体症状」があります。また、これらの症状が、1日のなかで時間とともに変化するのも、うつ病の特徴です。多くの場合は、朝が最も悪く、夕方にかけて回復していきます。精神症状には「抑うつ気分」「興味や喜びの喪失」「精神運動の障害」「思考力や集中力の低下」「意欲の低下」「自責感」「希死念慮」「精神病症状」などの症状があらわれ、身体症状には「睡眠の異常」「食欲の低下または増加」「疲労、倦怠感」「ホルモン系の異常」などが挙げられます。うつ病の症状は自覚しづらいので、少しでも体調や心の不安定さを感じたらすぐに医師に相談してくださいね。金銭面が不安、といったような場合でも「うつ病障害年金」が受けられる場合があるので、まずはお近くの精神科や心療内科に足を運んでみましょう。

うつ病患者の接し方

自分の家族や大切な人が「うつ病」だと診断されてしまった場合、突然のことでどうすればいいのか悩んでしまう方も多いと思います。うつ病を患った人の家族はどうしたらいいか分からずに誤った接し方で喧嘩をしてしまったり、うつ病を悪化させてしまったというケースも少なくありません。うつ病患者と接するときは、「うつ病は誰もがなる可能性があるんだし、治療をきちんとすれば治る病気だから大丈夫」と出来るだけ大きく構えて接することが大切です。心の病は治らない、というイメージを持っている人もいるかと思いますが、うつ病はしっかりと治療すれば治る病です。一番NGな接し方の例として、うつ病患者になんで?どうして?と思ってしまいそれをそのまま相手に口に出してしまう事です。原因が思い当たらない場合でも、安易にうつ病患者に問いただしたり責めたりすることはしてはいけません。心に余裕をもって接することが治療へと繋がります。

人気記事

カウンセリングを受ける男性

職場とうつ病

うつ病障害年金は、仕事をしていても受給することができるのかについてお答えします。また、同僚や部下がうつ病になってしまった場合の接し方についても説明するので、ぜひ目を通してください。

詳しく見る

カウンセリングを受ける男性

友達とうつ病

友達がうつ病になってしまった場合、友人としてどのように接すればいいのかわからないと悩む人は多いようです。うつ病の基本情報やうつ病障害年金などについて書かれた書籍を読み、知識や理解を深めていきましょう。

詳しく見る

病院外観

子どもとうつ病

うつ病になるのは、大人だけではありません。子どもがうつ病になってしまったときについての対応の注意点を紹介します。また、うつ病障害年金の基本情報についても紹介します。

詳しく見る