サイトメニュー

子どもとうつ病

病院外観

焦らずに見守ろう

大人だけではなく子供もうつ病を発症するケースがあります。受験のストレスや学校でのいじめが原因でなることが多いのですが、子供がうつ病になってしまった場合、どのような接し方をすればいいのか調べてみました。まず一番大切なのが「焦らずに見守る」ことです。子供と言っても年齢が上がれば上がるほど自我によりプライドが高くなってきます。自分がうつ病だと認識してしまうとプライドを傷つけられてしまい消極的になってしまう場合があります。ですから、子供の気持ちを汲み取り話を聞いてあげ、同調しましょう。子供にとってすぐに解決できなくても子供にとって安心できる環境を作りことが効果のある接し方になります。子供との接し方で子供の相談に「考えすぎじゃないのか?」「頑張れ」など気軽に言ってしまいそうですが、これは逆効果となる接し方になります。あくまでも子供自身が「受け入れられている」と感じるようにしなければいけません。当然、周りの大人たちのサポートもうつ病の治療器大きく影響してしまいます。また大人が子供の状態をよく理解してあげることも重要な接し方になります。うつ病になってしまった子供は身体も非常に疲れています。十分に休ませてあげることも大切で、学校を休ませるということも時には必要です。もちろん、不登校になってしまうと子供にとって不安要因の一つにもなりますので両親、周りの大人たちのフォローも大切な接し方となります。もし、子供がうつ病になってしまったら、まずは家を子供の安心できる場所にしてあげましょう。親同士で「おまえのせいだ」など責任のなすりつけ合いをして夫婦喧嘩に発展すると子供は「全部僕のせいだ」「私なんか生まれてこない方が良かった」と思い込んでしまうこともあります。また、うつ病の子供は放ってほしい反面、孤独を怖がります。接し方は難しいです。子供でも重症と診断された場合、安全を保つためにしばらく入院が必要となる場合もあります。心身ともに疲れきっている状態なので、しっかり心も体から休ませることから始めます塾、部活、習い事等は休ませ、学校は早めに下校させてもらう等治療環境を整えるのも正しい接し方の一つです。

うつ病障害年金の基礎知識

うつ病は、障害年金の対象となりますが受給するには一定の基準を満たしていなければいけません。その一つとして、日本年金機構の定める基準に該当しているかどうかということが挙げられます。また、うつ病の認定基準が等級されているためその級の段階によっても受給できるか変わってきます。思考障害が労働制限を受ける場合は3級、思考障害が頻繁におこり日常生活で不具合が生じる場合は2級、思考障害が硬度で常に援助が必要とされる場合は1級といったように等級分けされています。3級と認定された場合は、障害年金を受け取れないので注意してください。受給を申し込む際には、書類審査があるので書類の準備も忘れずに行いましょう。申請の際に欠かせない書類が、診断書と病歴・就労状況等申立書です。具体的に記載して、現在までの病歴や状況を詳しく記載しましょう。うつ病障害年金の申請はなかなか大変です。一人で行おうとせず、家族など周りのサポートを受けながら申請を行いましょう。