サイトメニュー

職場とうつ病

カウンセリングを受ける男性

職場の同僚や部下がうつ病になってしまったら

もしも、職場の同僚や部下がうつ病になってしまった場合はどのように接することが正解なのでしょうか。最近ではどこの職場にも1人、2人とうつ病を患っている人も多く、治療のために休職をしたり、うつ病を抱えたまま仕事を続けているのが日常風景となりつつあります。職場でうつ病の人との接し方で注意しないといけないのが「相手の立場に立つこと」です。うつ病の人との接し方が分からないので「あまり関わらないようにしている」「避けるべき言葉や注意点が分からないので、対応に困ってしまう」などという人が多いと思いますが、うつ病の人との接し方を難しく考える前に「相手の立場に立つこと」という大前提を心の中においておきましょう。自分が相手の立場ならどんな気持ちなのだろう?何が嫌だろう?と考えるのを忘れないことが大切です。また「露骨に態度を変えること」も接し方の注意点となります。トゲのある言葉は避けなくてはいけませんが、よそよそし過ぎるのも問題です。腫れ物に触るような対応、やけに気を使いすぎる対応などの接し方をしているのであれば変えていきましょう。このような違和感のある対応をされた場合、患者はさらに考え込んでしまい病状悪化の可能性が高まってしまいます。うつ病を発症すると、他人からの反応や態度をいつも以上に敏感に感じるようになります。それは、うつ病になっていることを他人がどう感じるかが気になり、恥ずかしい・情けないという複雑に入り混じった感情が心にあるからです。できるだけ態度を変えずに自然に接し、相手の立場になって話しましょう。特に、うつ病を患っているのが部下の場合はさらに慎重に接しましょう。もしも様子がおかしいな、と感じたらすぐに声をかけて必要であれば早退をさせたり休憩をさせてあげてください。同僚や上司の場合も、優しい声掛けが患者の救いへと繋がることがあります。うつ病患者は、抱え込みやすいタイプが多いため少しの変化にも早急に対応することが大切です。大切な仲間の回復のためにも、接し方には十分注意しましょう。

障害年金は仕事をしていてももらえる?

うつ病障害年金は、仕事をしていても受給できる場合があります。しかし、就労しているということはその分症状が軽いとみなされて受給できないことがあるので診断書や病歴・就労状況申立書を提示することが大切です。うつ病になったことで生じる仕事への支障や対人関係の問題など、就労状況も関係してきます。